トップページ > 観測機材の様子 > 実際の天体観測現場

topへ戻る
Shwartz150をSPDX赤道儀にのせて。
惑星が綺麗に見えます。(木星 土星
VixenR200SSをGPD2赤道儀にのせ、
冷却CCDカメラで銀河を撮影します。
VixenED80SをGPD2とピラー脚で。
ED80Sは軽量で使いやすいです。月食で活躍
フローライト70s 2.5kgの軽量ですので、ポルタ
経緯台に丁度良いです。写真映りも良いです。
ED80S等と、月や木星を見比べてみました。
Alter-5N 土星の環が、紙の様に薄く見えます。
12.7cm F6 。惑星の写真映りが良いです。
Alter-5Nによる月、火星、木星、金星、土星へ
タカハシ製のミューロン180です。18cmf12です。
2160mmの焦点距離を活かして、ベランダから、
月のクレーターや、惑星を気軽に楽しめます。

MiniBorg50
クリックすると拡大。
TGv-Mとの接続部が良く見えます。
セレストロンの
ズームアイピースとの
組み合わせ、写真用の
三脚に乗せると、
ミニ天体望遠鏡になり
ます。土星の環も
見えます。赤道儀に
のせて、くらげ星雲
撮影出来ました。
ケンコー社のドブソニアン(SE300D)です。
ポンセットマウントで自動追尾して惑星の撮影、
スカイナビゲーターで導入も出来ます。
MiniBorg50をGPD2赤道儀にのせ、
TGv-Mで、流星のビデオ撮影が出来ました。
冷却CCD、旅行先に持って行く等便利です。
太陽望遠鏡P.S.Tです。
プロミネンスや、水星の
太陽面通過
が見えます。
20年前に買った、VixenR150Sです。
主鏡を洗浄して、復活しました。
冷却CCDのBJ-3OLで撮影したM45
これも、20年前にハレー彗星を
観測するために購入した
VixenSP140SS(コメットキャッチャー)
BJ-31Cで撮影したハートレー彗星

初めて購入した望遠鏡
VixenCustom60Lです。
F15の無理のない設計で、
180倍で見る惑星が綺麗です。

Vixen フローライト102s 手軽に持ち出せます。
惑星は模様が良く見え、星雲や星団は
2インチアイピースを使って楽しめます。
写真も撮れる、コンパクトにまとまった良い
望遠鏡です。2014年の火星で活躍。
Televue 85 惑星から、明るい星雲、星団、
2重星、月まで、すっきりと美しく見えます。
架台にはスカイツアーがついていて、導入の
精度も高いです。とてもしっかりした造りです。
INTES社製のMK65というマクストフカセグレン。
15cm F10 というスペックです。月に向けると
詳細な地形が分かります。SP赤道儀にのる
大きさで軽量、使用頻度が上がりそうです。
口径28cmで焦点距離も長いので、都会でも
本格的に観測できる惑星用として、また、
冷却CCDと組み合わせて銀河の撮影などに
活躍しそうです。月面の観察も迫力があります。

観測に使っている機材のうち、トップページにのせた
機材以外のものや、古いものも、合わせて紹介します。

スマートに見えますが、実際の天体観測現場は、過酷!だったりします。