空が澄んだ夏の晩に、望遠鏡の比較を行いました。(2013年8月25日)
11種類、それぞれ優秀な望遠鏡です。正直な感想と、特徴を比べました。
(試しに自分の目で望遠鏡を比べて見てみたい方はこちらへ)

1)夕空の金星と土星
  比較に使った望遠鏡は、口径の小さい順に、スコープタウン製ラプトル50
  ビクセン製のカスタム60L、フローライト70S、ED80S、テレビュー85です。
  まずは、西空を急いで見るのを想定して、小型望遠鏡の活躍する状況です。

       
この日の金星のイメージ
  
この日の土星のイメージ

クリックすると、この日の金星と土星の位置関係が分かります。(CanonPowershotS95で撮影)
接眼レンズは、オルソ6mm(ラプトルはHM8mm)を使いました。

金星 土星
ラプトル50 5mmほどの大きさでまん丸ではない。 5mmほどの大きさで、豆粒のように見えます。
カスタム60L ピントが合いやすく、非常に見やすい。 ちょうど、上のイメージ写真のような感じです。
フローライト70S 思ったよりは小さいが、明るい像。 イメージ写真を白くシャープにした感じでした。
ED80S 明るく大きさも十分、よく見えました。 カッシーニの環が見えそうな感じでした。
テレビュー85 ED80Sと同じような見え具合です。 カッシーニの環が見えました。

総評) ED80Sの土星は、一つ抜けて、良く見えると感じました。その次が、カスタム60Lです。
     理由は、ピントが合わせやすく、バックが黒く引き締まって、感じが良かったです。
     フローライト70Sは、カスタム60Lの色を白く明るくした感じでした。まあまあでした。
     テレビュー85はほど良い大きさ、明るさで、バランスよく見えました。周辺像も美しいです。
     ラプトル50は、あ、普通の星と形が違う!もしかして土星?見える見えるという感じでした。


2)次は、中型、大型の望遠鏡が登場します。じっくりと、東から上る月を見てみました。

  使った望遠鏡は、フローライト102S、笠井製ALTER-5N、シュワルツ150(F8)、INTES MK65、
  ケンコーSE300D、先ほどの望遠鏡(ビクセン製のカスタム60L、フローライト70S、ED80S、
  スコープタウン製のラプトル50)。さらに、ビクセン製のR200SS、R150S、SP140SSです。
  ビクセンのGPD2赤道儀に安定してのるサイズで、かつ大口径の望遠鏡です。

 
 この日の月

R150Sに、LVW22mmを
つけると、プレアデス星団
美しく見えました。

中型、大型の望遠鏡は、反射系が多いので、気温になじませる
時間が必要となります。2時間ほど、ベランダに出しておきました。

3)2013年9月20日〜23日、木星を見比べてみました。
  使用した望遠鏡は、フローライト70S、ED80S、ミューロン180です。
  (シュワルツ150、R200SS、SE300Dの木星像は、
   それぞれ2010年、2012年、2013年の写真です。)


望遠鏡の写真 感想 写真(クリックで拡大)
ラプトル50 低倍率から中倍率まで、無理なく美しい。
手軽に月の様子が見えます。
中倍率では、架台の振動が
気になります。
   
神酒の海の近くにある
テオフィルスを観察。
撮影はCANONの
PowershotS95を
セレストロンの
ズームアイピース

テレスコ工作工房の
コリメートアダプターで
撮影しました。
赤道儀の追尾はなし。
カスタム60L ラプトルより安定した像。
木星の三脚と、微動装置が
ついているのも大きいです。
特に欠け際のコントラスト
(黒白のメリハリ)が良い。
フローライト70S 色のにじみがなく、きっちりと
見える。月の色が、肉眼で見た
のに近く、温かみを感じます。
短焦点なので、倍率が
低目になるため、その分、
迫力が出ませんが、写真を
撮影すると、フローライト
レンズの良さ
が分かります。

ED80S 明るく、細かい模様が見える。
月も、木星も、安定した像で
良く見えます。FL70Sよりも
1cm口径が大きいためか、
はっきり言って良く見えます。
木星の写真は、FL70Sの
方が映りは良い感じでした。
テレビュー85 木星の衛星の相互食の
観察では、フローライト70Sと
ED80Sの中間の見え味で、
星団は周辺部まで、美しく
一枚の絵のようでした。
月も倍率的に美しく見えます。
FL102S 惑星も月も、自然な色合いで
細かい模様が緻密に見えます。
迫力は、Schwarz150の方が
あります。満月や、火星
透明感のある、美しい写真が
撮れました。
MK65と月面の比較です
デジカメによる月面も参考)
R150S 倍率を上げても、明るく見える。
細かい模様も、見えている。
ちょっと、色が薄めですが、
口径が大きい分、明るく、
大味ながら、楽しめます。

木星の写真なし
シュワルツSchwarz150(F8) うすく、青い透明なフィルムが
かかったように見えるけれど
細かいクレーターがびっしり。
同じ口径のR150Sよりシャープ。
木星は、緻密に見えます。
火星の写真も撮れました。
月の写真なし
INTES MK65
非常にシャープに見えます。
火星なら500倍でもピントが
崩れないそうです。軽量の
ロシア製のマクストフカセ
グレンです。MK65による写真
月がとても美しく見えました。
ALTER-5N 透明感のあり、細かい模様が
落ち着いて見える。
倍率を上げてもはっきり。
写真も良く映ります。
Alter-5N による
月、火、金、木、土星

模様の濃さは、シュワルツの
方が強いですが、軽いので
扱いやすいです。
ミューロン180
(今はもうありません)
コンパクトで、軽い割りに
非常に高い倍率が出ます。
色は薄く感じますが、難なく
細かい模様が見えています。
ピントの鋭さは、ALTER-5N
の方が良いように感じます。
口径が大きい分、やや大味
ながら、ドカンと月も惑星も、
視野に入ってきます。
R200SS 明るく、シャープな像です。
少しゆらゆらとしますが、
微妙な海の色が分かります。
木星の写真も良い感じです。
月の海の色、木星の衛星を
眺めるのに良い感じです。
月の写真なし
セレストロンC11 12kgもある鏡筒なので、
ニューアトラクスに載せて
います。口径が28cmあると
迫力のある月が見えます。

温度順応させるのには
時間がかかるので、天気が
安定している時に出します。

SE300D 低い倍率でも、びっしりと
クレーターが見えます。
高倍率では、ゆれますが、
微細なクレーターや、
山脈が鮮やかに見えます。
木星も、チラチラと、細かい
模様が見え隠れするのは
潜在能力の高さを感じます。

SE300Dは工夫すると、
赤道儀のように使えます。
(SE300Dの自動追尾
天体導入支援装置へ)

総評)一度に、沢山の望遠鏡で、同じ天体を見ると、特徴が特徴が良く分かりました。
    アイピースは、オルソ6mmに統一しましたが、望遠鏡によって、最適のものに
    変えると、また別の印象を持ったかもしれません。ALTER5Nの鋭いピントと、
    SE300Dの細かな模様、とても対照的でした。ED80Sの写真が全体像では一番
    解像度が良かったです。ミューロンは、拡大写真しかとれませんでした。
    MK65はALTER5Nと似たような鋭さを持ちます。小さくて軽いので使いやすいです。

思いついたこと)

    30年以上、星を見ていると、沢山の望遠鏡が集まりました。
    お店で、実際の星を見て望遠鏡を選べたら良いなと、常々思っておりました。
    気が付いたら、これだけの数と種類の望遠鏡が集まりましたので、
    実際の天体を、望遠鏡をのぞいて、比較してみたいという方がおられましたら
    一緒に見てみましょうか、と思いつきました。

    興味のある方は、望遠鏡を比べて見てみたい方にというページをご覧下さい。

トップページ > 望遠鏡の比較

topへ戻る