望遠鏡をコンピューターを使って動かし、
見たい星を自動導入することが出来ます。

下の写真は、そのコンピューターと駆動装置が
架台についた望遠鏡です。

コントローラーの部分の
拡大写真です。
このコントローラーで目的の
天体を選びます。

このコントローラーはパソコンでも操作出来ます。

ステラナビゲーターというソフトを使うと、下の
ように望遠鏡の向いている方向が表示されます。
パソコン画面上で見たい天体をクリックし、望遠鏡で
天体を自動導入することが出来ます。

ステラナビゲーターは、現在時刻の空の状態をリアルに
再現してくれます。本日の夕焼けの状態です。

topへ戻る

トップページ>天体を自動導入する

このステラナビゲーターというソフトを
私が公開している下のHPで遠隔操作すると、
遠隔地からでも、望遠鏡をコントロールすることが
可能になります。(2.デスクトップ操作の部分を参考)

便利手帳(パソコンの遠隔操作)へリンク


今はバージョン8です

公式ガイドブックは
非常に詳しいです。
AstroArtsの商品です。

なお、暗い天体の導入にはコツが
あります。

1.なるべく三点アライメントをする。
2.スカイセンサーで目標の天体を
  導入したあと、IDキーを押して
  近くにある明るい恒星を導入し
  同期して、もう一度導入する。
3.パソコンのステラナビゲーターと
  望遠鏡が接続してある場合には
  ステラナビゲーター上で、目標の
  天体近くの恒星を導入し、同期を
  してから、目標の天体に徐々に
  近づいていく。
4.冷却CCDを接続している場合
  30秒露出すると、大抵の暗い天体
  でも、うっすらと写るようです。

私は、上の1.3.4で導入しています。