topへ戻る

トップページデジタルカメラ > 月の写真  

NikonのCoolpix 2100 というデジタルカメラで
撮影した月面の写真です。

Vixenの8cmEDレンズの屈折望遠鏡に、
接眼レンズをつけ、その接眼レンズの後ろに、
Coolpix 2100をユニバーサルデジタルカメラ
アダプターにのせて撮影しました。

一番、簡単な方法でしょうか。

コペルニクスというクレーターと、アペニン山脈が
きれいでした。

コペルニクスの上には、アポロが着陸した
場所があります。(右の写真をクリックです)

プトレマイオスは、浅く、大きなクレーター。
ひょうたんの形のような2つのクレーターの
上がアルフォンススで、下がプトレマイオス。

直径150kmもある、見やすいクレーターです。

もう一つの写真が、プリアルトス周辺です。

月のこの辺りは、ひんやりとした感じがして
個人的には、好きな場所です。

クレーターの中に、小さな突起があって、
滑らかな、周りの青黒い月の海の部分が
より一層、プリアルトスを目立たせています。

右の写真は、1998年頃にNikon FE とVixenの
R150Sで撮影した月面のフィルム写真です。

8cmの望遠鏡よりも、小さなクレータが
映っていますが、手軽さでは、やはり、
デジカメでの撮影です。

デジカメは、その場でうまく撮れたかどうか
確認が出来て、失敗しないから好きです。

Canon PowerShot S95を使った
ビクセンのフローライトFL102S
撮影した月面の写真です。(2015年8月6日)
望遠鏡の性能も良いのですが、
デジタルカメラの進化も大きいです。
下はC11での月面の写真です。(2015年9月20日)