topへ戻る

トップページ> 望遠鏡の双眼装置  

Willian Optics (ウィリアム オプテックス)の双眼装置を使っています。
スタークラウドさんの、双眼装置セットです。

スタークラウドさんは、先日の皆既月食前にメールを下さり
アフターサービスの良いお店です。品質の良い双眼鏡も
販売されておられるようで(日の出光学)、頼もしいです。
WA66°20mm アイピース と、1.6倍バローレンズが付属。
このアイピースは、のぞきやすく、とても快適です。
望遠鏡の種類によっては、ビクセンの2.0×バローレンズ、
テレビュー社の5.0×パワーメイトでも使えます。
ビクセンのFL70Sにとりつけたところ 2.0×バローレンズを使います。
 
汎用スライドバーと
併用すれば、FL70Sと
ポルタでも使えました。
M42は、白鳥の姿が
くっきり見えました。

2014年10月8日の
皆既月食に使いました。
ビクセンのED80Sにとりつけたところ
  
木星の衛星が本体の
周りを回っているのが
手に取るように分かり
ました。

初めて木星を見る方が
歓声を上げていました。
Alter5Nにとりつけたところ 5.0×パワーメイトを使います。
 
2014年5月に
火星をこの組み合わせで
観察しました。

300倍近い倍率ですが
ピントが合いました。
素晴らしい性能です。
シュワルツ(Schwartz150F8)にとりつけたところ
   
重量的に、接眼部と
鏡筒が重くて、振動が
伝わってしまいます。

2014年の火星は、
アポダイジスクリーン
組み合わせ、性能を
発揮してくれました。
ミューロン(μ180)にとりつけたところ
  
ミューロン180には、
ぴったりと、つきます。
金星や土星、木星を
観ると、片眼よりも、
ずっとよく見えます。

ビクセンの2倍バロー
DXタイプを使用します。
ミューロン180で撮影。
面白い使い方としては、ケンコーのスカイエクスプローラーという
ドブソニアンに使うことです。ポールが伸縮式ですので、約7.5cm
縮めると使えます。(若干、光軸がずれてしまいますので低倍率用)
このような、ポールの伸縮という技を使えるドブソニアンは、
スカイエクスプローラーの良いところだと思って、口径30cmの
SE300Dを購入しました。 高倍率でも追尾出来るように、
ポンセットマウントにのせていますが、双眼装置を使うと、光軸の
調整が厳しくなってきますので、高倍率では、十分使えないです。
ビクセンのFL102Sにとりつけたところ
バランス的に、使い
やすい組み合わせ。

ベランダなので、
鏡筒が長くて、少し
窓に引っかかります。
月面を見るのが一番
美しく見えました。

<汎用スライドバーについて>

双眼装置をつけると、接眼部がレンズ側に対して
重くなります。特に、短焦点の屈折望遠鏡の時には
鏡筒のバランスがとりにくくなります。

試行錯誤しましたが、私は、汎用スライド(スライディングバー)を
購入することで、ポルタなどの経緯台でも、バランスがとれる
ように出来ました。汎用スライドバーは便利です。