トップページ> USBオートガイダー

topへ戻る
望遠鏡を使っての天体の撮影で大変なのが、
日周運動で動いていくように見える星を、
赤道儀を使って追尾することです。

モーターにお任せ出来れば良いのですが、
実際には、モーターの方向と速度を微調整
しなければ、なかなか、点に星が写りません。
モーターによる追尾が、うまくいかないと、
このように、星がずれてしまいます。

昔は、目で見て修正をしていましたが、
パソコンが普及し、自動で修正しながら
追尾してくれるものが出来ました。

種々のものありますが、右のものが、
USBタイプのオートガイダーです。
Yahooのオークションで入手しました。
自作ということですが、良い出来栄えです。
大きく見えますが、横10cmくらいで軽量。
背面には、配線図が丁寧にシールで
貼ってあるので、良く分かります。

白いコードをコントローラー(例えば、
スカイセンサーなど)に接続し、黒い
USBコードを、パソコンに接続します。
ノートパソコンの、右横にあるのが、
オートガイダーです。モニターには、
馬頭星雲が写っています。
追尾するまえに、キャリブレーションと
言って、赤道儀の動きを、星の動きに
合わせる準備をします。その結果が、
パソコンに表示されます。

この結果が良ければ、実際に追尾開始と
なります。うまく行けば、本当に楽です。
右のビデオが、実際に補正をしながら、
オートガイダーが追尾をしている様子
です。ランプが光った方向へ修正されます。
USBオートガイダー作動の様子ビデオ
(これは、修正が多い時のものです)
ガイドするカメラ(左の写真の場合は
TGv-M、To-Ucam pro等の他のWeb
カメラでも同様)、はサブスコープに
対して、時計回りに90度回転させない
といけない場合があります。
モニター上の星の動きが、左右は水平
上下は垂直に近くなるように調整します。
(右の写真はクリックで拡大します)
キャリブレーション中です。

TGv-Mというカメラを使って、M31付近を
サブスコープから見た画面です。
ガイド中です。

画面の右下の端に、追尾結果が
プロットされて行くのが見えます。
このプロットの分布が丸くなるように
調整するのがポイントとなります。
自作ということですが、マニュアルも
しっかりしたものがついてきます。
ソフトやドライバーも、付属のCDROMのを
利用して、簡単に入手出来ます。
また、スカイセンサーのような自動導入
機能がついたコントローラーだけでなく、
普通の二軸モーターのコントローラーも
送れば加工してもらえます。

このUSBオートガイダーを使えば、
小型の赤道儀でも、バランスをとれば
かなりの精度で星を楽に追尾出来る
ことが出来ます。

冷却CCDカメラ、BITRANのST7XMEで
撮影したものです。ビクセンのR200SSと
いう鏡筒に、SP-DX赤道儀を使って、
露出はRGB画像それぞれ60秒、L画像は
120秒。焦点距離が800mmもあるので、
オートガイドなしでは難しい対象です。

極軸を出来るだけ合わせて、望遠鏡の
バランスを整えておくことが、有効です。