topへ戻る

トップページ>ビデオを使った天体撮影(惑星)

ビデオを望遠鏡のアイピースに、
目の代わりに固定して、木星を撮影して
みました。

天体は、日周運動をしているので、
時間共に、、木星が動いているのが
分かります。

しかし、これでは、木星の縞模様は
全く分かりません。
そこで、Registaxというソフトを使い、
木星の動画を、静止画像に変換処理を
すると、木星の縞模様が見えてきました。

このような方法を使えば、口径8cmの
小型の望遠鏡でも、木星の縞模様を
ビデオで撮影することが可能になります。

Registaxは、天体撮影用の、フリーのソフト
です。英語版なのですが、基本的な使用
方法の説明は、下のHPに書いてありました。

http://www.kk-system.co.jp/Alpo/ToUcam/Registax.htm
今回の撮影し使用したのは、右の写真の
Panasonic製 SDビデオカメラです。
(SDR-S-100)
容量は1GBですが、色再現性に優れた
3CCD方式で、かつ軽量だというものです。

リモコンもついているので、露出時間の
設定や、ズームなど、手を触れずに操作
出来るのが良いです。

動画の保存形式がAVIではないので、
Registaxで処理する場合には、MPEG2JPG
というフリーのソフトでUncompressedのAVIに
変換しますが、ファイルサイズが大きくなる
ので、そこが弱点ではあります。
ToUcam Pro という、インターネットを使った、
チャットなどで使われる、小型のWebカメラを
使って惑星を撮影するのが人気です。(右)
赤外線をカットするフィルターを接眼レンズに
つけるアダプターの中に入れて撮影すると
色も自然に撮影できます。
画像の保存形式はAVIなので、Registaxで
そのまま処理出来るのが強みです。

ToUcam Proで撮影した口径20cmの
望遠鏡による木星はこちら→2008年の木星へ

2013年には、OPTICSTAR社のPX35Cという
惑星撮影用のカメラを入手しました。
CCDチップは有名なDFKと同じSONY製です。
AMCapというソフトを使うようです。

このような便利なデジタル機器がなかった頃、
惑星観測は、スケッチが有効な手段でした。

天体観測の教科書シリーズ
「惑星観測編」です。
Registaxの使い方など、最新の
情報がつまっています。木星の
部分が詳しいです。惑星観測
天体スケッチ入門は、惑星の
表面の模様や、見え方が
詳しく書いてあり、眼視観測を
するのに、役立ちました。
天体スケッチ入門
スケッチをする前に、鉛筆画も
勉強してみました。
鉛筆デッサン―基本徹底ガイド
も良い本です。